進路に迷ってしまったら

>

大学と専門学校を選べない

大学と専門学校ってどんなところ?

進学で悩んでしまうのが専門学校と大学です。
行きたい学科はあるけれど、何を基準に選ぼうか?と思いますよね。
まず、大学は多彩な学問に触れられることです。

ひとつのものに限らず、多くのものを学べるので沢山いろいろな武器が持てます。
幅広く勉強ができるんですね。
この学科に行きたいけれど、将来に迷っている方は大学がおすすめです。
新たな何かとの出会いがあるかもしれません。

それに比べて専門学校はひとつのものを専門的に磨き上げるのが特徴です。
その道のプロになる、それしか見えない、見たくないという方はこちらですね。
そのひとつを極めたいと考えている人は専門学校がおすすめです。

また、その学校の卒業生の話を聞いてみるのも参考になっていいかもしれません。

在学期間について

普通の大学だと大体4年がベターです。
一般教養という授業や大学によってはイベントなんかもあるところもあるそうです。
授業内容は大学によって違うので是非問い合わせていただきたいのですが、このイベントや授業が人気だというのもまた事実。
明確な目標がないのならばこの授業を目当てに入学してみるのも面白そうですね。

それに比べて、専門学校は3年と期間も短いです。
ですが、専門学校は1点集中型。
資格は勿論、スキルを主に学ぶので実習が多いです。
専門学校は専門の最新の設備が揃っています。
また、競争を勝ち抜くためにいろいろな設備を揃えています。
身につけたスキルを在学期間が3年と短いのですぐ活かせるところも魅力ですね。
すぐに使えると覚えたかいもあります。


この記事をシェアする