進路に迷ってしまったら

>

学校もいろいろある

入試の違い

大学は主に一般、推薦、AO入試の3種類。
センター試験利用入試を行っている大学があるようです。
また、地方入試や試験日選択制入試などを行っているところもあるそうです。
いろいろな入試の形があります。
試験日を間違わないようにしたいですね。

専門学校も一般、推薦。
ほかにAO入試を導入している学校もあるそうです。
面接と書類選考で入試を行っているところもあるそうです。
また、定員を満たすと出願期間内でも募集を締め切ることもあるそうなので早めに願書は提出した方がよさそうです。

入試だけで見ると専門学校の方が入学しやすそうですね。
でも、学校ですから専門知識を身につけるのが本来の目標です。
まだ、将来に迷っているのならば大学への進学がいいかもしれません。

認可校と無認可校とは

専門学校にも種類があります。
都道府県知事から認可を受けた学校を認可校といいます。
認可校へ入学すると沢山の特典が受けられます。
まず、公共交通機関等の学割が使えます。
通学費が安くなりますね。
さらに公的な奨学金制度の利用が可能です。
次に国家資格上の特典があります。
専門学校卒業と同時に無試験で資格がもらえる、受験資格授与、国家資格の一部免除などがあります。
また、在学中に学校が倒産してしまった時も救済措置として他の学校を探す指導も行われるそうです。

認可を受けていない無認可校というのもあります。
無認可校は上記の特典は受けられません。
ですが、授業内容がおろそかだとかそういうことではないんです。
専門学校は企業との太いパイプを持っていることもあるので就職には大学より多少有利かもしれません。


この記事をシェアする